コーヒーのおいしい飲み方で、コーヒーの袋を開けた後は、密閉容器に袋のまま入れて、空気に出来るだけ触れないように冷蔵庫で保存しましょう。


<スポンサードリンク>

  

Posted by at

2011年03月20日

おいしいコーヒーを飲むために

コーヒー専門店のようなコーヒーを家庭でも味わいたいと思いますが、コーヒー おいしい飲み方でなかなかあの香りと味を出すのは難しいものです。
コーヒーを淹れる方法は何種類かあるので、それぞれ正しい淹れ方を知っておくと、専門店に近い味が出せるのではないでしょうか。
おいしいコーヒーを飲むために、コーヒー豆を上手に選ぶことはとても大切なことですが、それだけではありません。
コーヒーのおいしい飲み方でいくら良い豆を焙煎してすぐに挽いて淹れても、コーヒーの味を引き立ててくれる水を忘れてはいけません。
コーヒー豆は焙煎した直後から鮮度が落ちていきます。
コーヒーの鮮度を落とす原因は、酸化によるものなので、この酸化を防ぐために、出来るだけ酸素に触れないように保管しましょう。
また、高温・湿度・直射日光もコーヒーにとって大敵になります。
コーヒーのおいしい飲み方でコーヒーの淹れ方には、ペーパードリップ・ネルドリップ・サイフォン・ウォータードリップ・バーコレーターなどの種類があります。
家庭で簡単にコーヒーを楽しむには、ペーパードリップがお勧めです。



・・・・  


Posted by rossogenroq at 06:35コーヒー

2011年03月20日

おいしい水とコーヒーの関係

最近はコーヒーのおいしい飲み方で、各地の名水がお店で簡単に購入出来るようになっているので、せっかく良いコーヒー豆を手に入れたのなら、天然のミネラルウォーターでおいしいコーヒーを淹れてみましょう。
ただし、硬質のミネラルウォーターはコーヒーの旨みを上手く出すことが出来ないといわれているので、コーヒーには軟水を使ってください。
これがおいしい水とコーヒーの関係です。
コーヒーのおいしい飲み方で、コーヒーの袋を開けた後は、密閉容器に袋のまま入れて、空気に出来るだけ触れないように冷蔵庫で保存しましょう。
コーヒーは活性炭と同じように臭いを吸い込む性質があります。
密閉して保管していないと冷蔵庫の脱臭剤になってしまう事になるので、注意して下さい。

これ買ってみました。オススメです。クリックすると画像が大きくなります。



またコーヒーのおいしい飲み方で、コーヒーの淹れ方の種類ですがペーパーフィルターを使って、挽いたコーヒー豆をろ過させる方法で、お湯の温度や抽出する時間によって、
苦味の強いさっぱりとした味や、甘みとコクのある味など違う味を出すことが出来ます。
コーヒーメーカーを利用してみるのも良いでしょう。


・・・・  


Posted by rossogenroq at 06:34コーヒー

2011年03月20日

コーヒーのおいしい飲み方

コーヒーのおいしい飲み方でヨーロッパなどのミネラルウォーターは、硬度が高いので不向きです。
日本国内の天然水は、コーヒーをおいしく淹れる事が出来る水と言われています。
また、コーヒーの保存方法ですが既に挽いているコーヒーは約1週間、豆のままのコーヒーで1ヶ月を目途に飲み切りましょう。
賞味期限までに飲み切るのが、1番おいしいままでコーヒーの味を楽しむことができます。
コーヒーのおいしい飲み方でどうしても賞味期限までに飲みきることが出来ない時は、1回で使い切るだけの分量を小分けにして、冷凍庫に保存します。
コーヒーのおいしい飲み方で軟水はコーヒーの味と香りを引き出してくれるので、その特性を生かしておいしいコーヒーを淹れましょう。
また、コーヒーの淹れ方の種類ですがサイフォンは、ゆっくりとしたコーヒータイムを楽しみたい方に、使っていただきたい方法です。
ただし、上手に淹れる事が1番難しい抽出方法なので、あまり家庭では使われないようです。
その他コーヒーのおいしい飲み方で、バーコレーターは、コーヒーの粉と水を専用のポットに入れて火にかけるだけの簡単な方法なので、
アウトドアでコーヒーを楽しみたい方にお勧めです。

・・・・  


Posted by rossogenroq at 06:31コーヒー